読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

648 blog

kyamanekoです。IT、思想、哲学、心理学などの記事を書いています。

個人情報漏洩させたらこうなった - vol. 55

実録! 個人情報漏洩させたらこうなった

イベント運営会社『DNプランニング』が運営する、チケット販売サイト『オールチケットオンライン(OCO)』は、約14万人の会員を抱えていた。
ある日、OCOはサイバーアタックを受け、約9万人の個人情報を流出させてしまった。
システム保守を行う『GRシステム』は、責任を問われ、対応に奔走することになった。
もし損害賠償請求をされたら、たちまち倒産するかも知れない。
苦情とサイバーアタックの嵐の中で、関係者たちは……

※本作はフィクションです

 

関連

vol. 55

 日が傾きはじめるころ、矢口は人混みの中を進んでいた。
 雨が降っていたが、傘はなかった。
 右腕が鈍く疼き、ゴムの作り物のように力が入らなかった。折れているのかも知れない。
 口の中が切れており、血の味がした。
 鼻血はまだ止まっていなかった。
 通行人は気味悪そうに避けていった。
 矢口は考えた。
 なぜ、こんなことになったのか。
 どこで間違ってしまったのか。
 そうだ、きっかけは2日前の、あのときだったか。


 2月15日の夜のことだ。
「ちょっと、話がありまして。そこまで、きてもらえませんか?」
 突然アパートにやってきた緑川は、そう言った。
「だから、なんのつもりなのか、理由を聞かせてよ」
 緑川は右手の指先で、目の前の虫をつまむような仕草をした。
「ほんと、ちょっとなので。お願いします」
 懇願してくる緑川を見て、矢口は思わず心を許した。緑川は魅力的だった。
「うーん。ああ、わかったって。ちょうど出るところだったし。で、どこで、なんの話をするの?」
 緑川はにやりと微笑んで、矢口の手を牽いた。
「おおきに。さすが矢口さん」
「ちょ、ちょっと待ってよ……」
 矢口は汚れきったコンバースのハイカットスニーカーを履いて、外に出た。
 アパートの廊下を、緑川に続いて歩いた。
 風が激しく吹いていた。
 冷え切り怯えた矢口の心を、風はいっそ縮こまらせた。
 会社を辞めたという意識が、自らを孤独にしていた。
 友達もいない。彼女もいない。母とも疎遠。そんな矢口が同僚を失ったら、本当に1人になる。
 孤独には慣れていたとしても、いささか寂しい気がした。
 そんな中、緑川の来訪は矢口を喜ばせた。
 同時に、軽率な自分の行動を、恐ろしくも思った。
(なんなんだよ。浦谷社長の罠かなにかか? まあ、どうでもいいや。なにもかも。虻沼でも幽霊でもカーネルパニックでも、なんでもこい……。浦谷から金を引き出して、次の仕事を探すだけだ)

 アパートを出てしばらく歩くと、緑川は近所にある、中華料理屋の前で足を止めた。
 緑川は引き戸を開けると、矢口の背中に周り込み、ぐい、と押してきた。
 店の中から熱気と、料理の匂いが漂ってきた。
 店に入った矢口は、右手のテーブルに見知った面々を見つけた。
「寒いから、早く閉めて!」
 と、安原が言った。
 他には、加藤と仁科がいた。
「矢口さん、お飲み物は?」
 と、仁科が言った。
「いや、別に俺はなにも……」
 すると、緑川が席を指した。
「いいから、座っちゃいましょう」

 矢口は戸惑いながら奥の席に座った。
 向かい側には仁科がおり、左手に緑川が座った。
 テーブルの中心には、一番人気の四川風麻婆豆腐があった。弾力のある豆腐と、ふんだんな挽肉が使われている。奥深い辛さがくせになる絶品だ。
 ほかには、モヤシ炒めと水餃子があった。
 緑川の前にだけ、豚足の山があった。
 全員ビールやサワーなどを飲んでいたが、矢口はコーラにした。
 乾杯の音頭は、一応の年長者である安原がとった。
「あー、うまい麻婆豆腐に、乾杯」
 グラスを打ち合わせてから、緑川は言った。
「あの、もうちょっと、マシなセリフないんですか?」
「なに? うるせーな。豚足食ってろよ」
 緑川は不服そうにジョッキを置いて、豚足に手を伸ばした。
「言われなくても食べますよ。好きなんで。コラーゲンあるし」

 矢口は無言で、麻婆豆腐をとった。
 麻婆豆腐の辛味をごまかすように、コーラを口に含んだ。
 仁科が言った。
「それ、合います? 麻婆豆腐と」
「合わない」
 と、答えてから、矢口は続けた。
「それより、なんなんですか、この集まり」
 答える者はいなかった。
 そのとき、矢口はふと思い当たった。
(こいつら、藤野さんから、俺を説得するように頼まれてるんじゃねえの?)
 すると、仁科が言った。
「突然、すみませんでした。矢口さんと、じっくり話したくて。矢口さん、あんな感じで出ていってしまったので。……自分は、辞めたとは、思ってませんから。それより、申し訳ありません。自分も含めて、疑ってしまって。同僚に対して、とんでもないことをしてしまいました」
 仁科は頭を下げた。
 その様子を見た矢口の心から、先刻の疑念が多少は消えた。仁科ほど芝居が下手な人間はいないのだ。
 加藤は心配そうな視線を向けてきた。
 安原は新しく注文した油淋鶏(ユーリンチー)を頬張っていた。

 緑川は言った。
「矢口さん。1つ、伝えたいことがあるんです。辞める気かも知れませんが。これだけは、伝えたくて」
 矢口は聞き返した。
「伝えたいこと?」
「はい。先月のことですけど……。社長と藤野さんとわたしで、夕食に行ったんです。人気のイタリアンに。そこで、仕事の話になったとき、社長は言ったんです。矢口さんを、別のプロジェクトのスタッフと入れ替えられないか、って。……まあ社長なりに、色々と気を使ったんだと思いますけど。……あ、すみません。変な言い方してもうて。そこで、藤野先輩、答えたんです」
 矢口は険しい表情をした。
 その先を聞きたくなかった。
 緑川は続けた。
「藤野先輩、こう言ったんです。……矢口くんは、必要です、って」
 矢口には信じられなかった。
 矢口が無様な告白をしてから、間もない頃のはずだった。
 由加里に嫌われていたと思っていた矢口は混乱した。
「いい加減な嘘、つくなよ!」
 と声を荒げた矢口に、緑川は言った。
「先輩って、ちゃんと見てますよ。矢口さんのこと」


 矢口が入店してから、1時間ほど経った。
 矢口は苦手な酒を飲んでいた。レモンサワー1杯で酔った。
 凝り固まっていたなにかが、ほぐれつつあった。
 安原がトイレに行っているとき、仁科が言った。
「実は、秘密にするように言われてるんですが。今日、集まろう、って言ったの、安原さんなんです。矢口さんに謝ろうって。自分らは、それに誘われただけで……」
 緑川が言った。
「そうそう。だから仁科は、空手の練習休んでまで、来てくれたんです。超脳筋にも、人の心があったんやね」
「うるさいな」
 と、仁科は言った。
 緑川と仁科は同期みたいなものだった。

 デザートの杏仁豆腐がきたとき、仁科はしみじみと言った。
「不思議ですよね、会社って」
「なにが?」と、安原が聞いた。
「いえ。同僚って、不思議な存在だな、と。家族と同じかそれ以上の時間を一緒にいて、それなのにやはり、どこかに一線を引いている。しかし他人ではないし」
「だから? 結論は?」
「特に、だからどうってことも……」
 仁科は助けを求めるように緑川を見たが、杏仁豆腐に夢中だった。

 一行は会計を済ませて外に出た。
 矢口の酔いは冷気を浴びて醒めた。
 暗い夜道、冷たい風。それが現実だった。
 店の前で、「お疲れ様でした」と言い合った。
 解散する直前、安原が言った。
「しっかし、矢口ってなに考えてるか、ほんとわからねえよな」
 矢口は言った。
「なにが言いたいんですか?」
「ほんと、謎だわ」
「アンタ、喧嘩売ってるんですか?」
「……だからさ、もっと、色々、話しようぜ。次の、花見かなにかのときにでも」
 そう言って、安原は駅に向かって歩きはじめた。
 緑川と仁科は冷やかしあって歩いていった。
 加藤は、「おやすみなさい」と頭を下げた。
 矢口は帰途についた。
 雪が降りはじめた。
 コートの襟を引き寄せて、ポケットに手を入れた。ぬくもりが失われないように。


 翌日の土曜日は、なにも手につかなかった。
 17日の日曜日も、矢口はずっとそわそわしていた。
 事故の報告会は午後の4時からだった。
 矢口はずっとベッドに入り、悶々と悩んでいた。
 すべてから逃げたかった。
 同時に、仲間を助けたいと思った。
 2つの気持ちがぶつかり、分裂しそうだった。
 台所に水を飲みに行ったとき、PCデスクに置かれていたペンダントが目に入った。
 由加里のために買ったペンダントだ。
 ピンクゴールドのチェーンに、ルビーが光っていた。
 ルビーの赤は罪人を裁く炎を思わせた。
 ついで、由加里の声を思い出した。
 『自分に恥じない道を』
 やがて、想像の中の由加里の顔は、母親の顔になった。
 『泥棒なんかを、育ててきた覚えはないわよ!』


 矢口はPCとプリンターの電源を入れた。
 会社のPCから消去して確保しておいた、いくつかのドキュメントをプリントアウトした。
(チクショー、なにやってんだ俺は。狂ってんじゃねえの)
 まるで、違う誰かが体を突き動かしているようだった。
 そうした準備をしながら、桑部弁護士に電話をかけた。――しかし、7コール待っても出なかった。できれば、事前に話をしておきたかったのだが。
 矢口はバッグに資料を突っ込み、いつものコートをはおり、外へ出た。
 光が目に染みた。
 生まれてはじめて光を浴びた気がした。
 アパートの階段を降りて、路上に出たとき、背後から声がした。
「お出かけですか、矢口さん」
 そこには虻沼がいた。
「なにか、用でもあるんですか……」
「いまさら、どこ行こうとしてんだよ。裏切ってんじゃねえぞ、コラァ」
 虻沼が詰め寄ってきた。

関連




Amazon.co.jpアソシエイト