読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

648 blog

kyamanekoです。IT、思想、哲学、心理学などの記事を書いています。

個人情報漏洩させたらこうなった - vol. 48

実録! 個人情報漏洩させたらこうなった

イベント運営会社『DNプランニング』が運営する、チケット販売サイト『オールチケットオンライン(OCO)』は、約14万人の会員を抱えていた。
ある日、OCOはサイバーアタックを受け、約9万人の個人情報を流出させてしまった。
システム保守を行う『GRシステム』は、責任を問われ、対応に奔走することになった。
もし損害賠償請求をされたら、たちまち倒産するかも知れない。
苦情とサイバーアタックの嵐の中で、関係者たちは……

※本作はフィクションです

 

関連

vol. 48

 由加里の誕生日は10月21日だった。
 矢口は生まれてはじめて女性への贈り物を買いにいった。
 由加里のことを想うと、気持ちが安らいだ。
 由加里には女性としての魅力もありながら、同時に、実の姉か母親のような親しみがあった。
 矢口はそれを、永遠のものにしたかった。

 女性向けのアクセサリーを買う場所といえば、矢口の脳内では109が浮かんだ。しかし、出入りする女子高生たちに通報される気分がしてあきらめた。
 次に矢口は、裏通りにあるジュエリーショップに入ることにした。
 奥からは、ベージュ色のスーツを着たマダムが出てきた。
「いらっしゃいませ。もう夕方は、冷えるようになってきましたね」
「は、はあ。そうですね……」
 そう言いながら、矢口はきらびやかなショーケースを眺めていた。
「ところで、本日は、プレゼントをお選びですか?」
「はい。誕生日の……」
「素敵ですね。彼女さん用、ということですか?」
「は、はあ。そんなところ、です」
「なるほど、ところで、お相手は、どんな方なんでしょうか?」
「ええ。年上なんですが。30代前半でして。しっかりした、真面目な人です。好きな色はピンクと藍色。誕生日は10月21日。趣味はヨガと……」
 すると、店員は驚いた表情をした。
「ちょ、ちょっと待ってくださいね。いま、用意しますので。しかし、お相手のこと、色々ご存知なんですね。素敵ですわ」


 1時間後、矢口は例のペンダントを買って店を出た。
 小さな取っ手のついた紙バッグには、店のロゴが入っていた。

 4日後の誕生日に、矢口は由加里にプレゼントを渡した。
 ビルの外で由加里が出てくるのを待っている間、矢口は熱に浮かされていた。
 そうして渡したプレゼントが、まさか翌日になって、突き返されるとは思っていなかった。
『いつか、本当に贈るべき人に、渡してあげて』
 それが答えだった。

 矢口はペンダントをポケットに入れて、とぼとぼと人混みを歩いた。
 呆れるほどの人の多さに、怒りを覚えた。
 すべてが苛立たしかった。
 ポケットの中のペンダントを強く握りしめて、独り言をつぶやいた。
(いつか、俺に恥をかかせたことを、後悔させてやる。許せねーよ。彼氏フリーなんだったら、付き合えばいいじゃねーか。なんでダメなんだよなんでダメなんだよ!)
 そのとき、駅前で誰かとぶつかった。
 ライオンみたいな髪型の、ピアスだらけの若者だった。丈の短いスカジャンを着ていた。
「待てやコラ」
 と、そいつは迫ってきた。
 間近まできたとき、そいつの口が臭かったため、矢口は顔をしかめた。
 すると、腹が爆発した。
 いや、どうやら腹を殴られたようだった。
 矢口は腹を抑えて体を折った。
 「目つきがキモッ」そう言って、口の臭いライオンは去っていった。
 矢口はよたよたと腹を抱えながら、よだれを垂らし、道の脇へと歩いていった。迷惑そうな人々の視線の中、うずくまった。
 体が冷たかった。腹が重くけいれんしていた。
 涙と鼻水が出てきた。
(許せねーよ! チクショー後悔させてやるよ……)


 こうして矢口は、『その時』を待つようになった。
 由加里が困惑しきってしまうような、最悪の事態が起これば、多少は気が晴れるだろう。
 それも、自分の手を汚さないやり方が1番だ。犬か蛇に突然噛みつかれるような、悪運じみたトラブルが……。

 それからおよそ2ヶ月後。
 期せずして、そのチャンスがやってきた。

関連




Amazon.co.jpアソシエイト