読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

648 blog

kyamanekoです。IT、思想、哲学、心理学などの記事を書いています。

個人情報漏洩させたらこうなった - vol. 47

実録! 個人情報漏洩させたらこうなった

イベント運営会社『DNプランニング』が運営する、チケット販売サイト『オールチケットオンライン(OCO)』は、約14万人の会員を抱えていた。
ある日、OCOはサイバーアタックを受け、約9万人の個人情報を流出させてしまった。
システム保守を行う『GRシステム』は、責任を問われ、対応に奔走することになった。
もし損害賠償請求をされたら、たちまち倒産するかも知れない。
苦情とサイバーアタックの嵐の中で、関係者たちは……

※本作はフィクションです

 

関連

vol. 47

 矢口がDNプランニングへ行った翌日の、金曜日のことだ。
 夜になってから、社員たちは近くのビアガーデンに行った。
 商業ビルの屋上に設えた、大規模なビアガーデンだ。
 ブッフェ形式でドリンクも無制限とあって、さながら祭り会場のように賑わっていた。
 熱気の中、ビールと汗と肉の匂いが漂っていた。
 そんな中、矢口は白いテーブルについて、料理に囲まれていた。
 由加里、仁科、緑川、斎藤をはじめ、総勢9人ほどの社員が集っていた。
 料理をかき集め、ビールジョッキもいき渡った所で、仁科が言った。
「さて、乾杯といきましょうか。それでは、藤野さん、ひとつお願いします」
 矢口のとなりに座る由加里は、戸惑いながらも引き受けた。
「それでは、僭越ながら……。さて、みなさん。日頃のお仕事、おつかれさまです。こんな暑い時期だからこそ、鋭気を養うべく、今夜は……」
 仁科は真剣な表情で聞いていた。
 斎藤はお預けを命じられた犬のようにジョッキの泡を眺めていた。
 たまりかねたように、緑川が言った。
「先輩、長いですよ。とりあえず飲めー! カンパイ」
 由加里は緑川を睨むと、「バカね」とつぶやいて笑い、ジョッキを突き出した。
 ジョッキがぶつかった。
 水滴が料理の上に舞った。
 矢口は泡に口をつけた。
 生エビス飲み放題という触れ込みだったが、ビールの違いなどわからなかった。
 そこで矢口はビールの価値について考えた。
 ひたすら苦く臭い液体でしかない。
 こんなもののなにがいいのか。
 苦味が料理の旨さを引き立てるのか。
 だったら、ツマミなしでビールばかり飲むやつらは、いったいなんなのか。
 ――とはいえ、矢口の機嫌はよかった。左側に、由加里が座っていたからだ。

「そう言えば藤野さん、こないだイイ男連れてましたね」
 と、斎藤が言った。
 由加里は鼻で笑った。
「適当なコト言わないで。見間違いかなにかだと思うけど。どうせ、当てずっぽうですよね。そんな相手がいたら、紹介してください」
 矢口以外は笑い声を上げた。
 すっかり色恋の話で盛り上がった。酒の席の勢いだ。既婚の者は斎藤だけだった。
 そんなとき、ほろ酔いの緑川が、ローストビーフを頬張りながら言った。
「せや、矢口さん、いてはるんですか? 彼女」
 視線が矢口に集まった。矢口は答えた。
「いや、まあ特に……」
 内心では、『このくだらねーセクハラ展開、終われよ』などと思ってはいたが。
 緑川は目を輝かせて聞いてきた。
「ほなら、好きな人は?」
 仁科は空気を察したのか、斎藤と違う話をはじめた。
 緑川と由加里に挟まれた矢口は、逃げ出したい気持ちをこらえて、答えた。
「別に、いないけど」
 そこで、由加里は言った。
「意外ね。知的で物静かな、矢口くんの雰囲気も悪くないと思うけど。そうね、あとは積極性、かな」
「はい……。積極性、ですか」
 矢口は由加里を見つめた。

 こうして人は、あやまった方向へ転げ落ちていく。
 人の心ほど得がたいものはないのだが、矢口はそれを知らなかった。ミドルウェアのセキュリティパッチのように、簡単に入手できるものと思っていた。
 矢口みたいな者にはたいてい、過程というものがない。すべてを手に入れようとして、すべてを失うはめになる。

関連




Amazon.co.jpアソシエイト