読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

648 blog

kyamanekoです。IT、思想、哲学、心理学などの記事を書いています。

個人情報漏洩させたらこうなった - vol. 43

実録! 個人情報漏洩させたらこうなった

イベント運営会社『DNプランニング』が運営する、チケット販売サイト『オールチケットオンライン(OCO)』は、約14万人の会員を抱えていた。
ある日、OCOはサイバーアタックを受け、約9万人の個人情報を流出させてしまった。
システム保守を行う『GRシステム』は、責任を問われ、対応に奔走することになった。
もし損害賠償請求をされたら、たちまち倒産するかも知れない。
苦情とサイバーアタックの嵐の中で、関係者たちは……

※本作はフィクションです

 

関連

vol. 43

「わたくし、藤野の上司の、岩倉と申します」
 そう言って岩倉は、オリモトに頭を下げた。
 由加里は驚いた。
 なにをしにやってきたのだろう。
 助けにきたとでもいうのか。
 岩倉は頭を上げた。
「藤野の対応に不備がございまして、お気分を害されたように見受けられます。大変、申し訳ございませんでした」
 そう言って、また岩倉は頭を下げた。
 オリモトは言った。
「な、なんだよ、アンタは!」
「はい。突然の入室、失礼いたしました。わたくし、オールチケットオンラインの運営責任者、岩倉と申します」
 岩倉はオリモトの脇へ歩いていき、名刺を取り出し、手渡した。
「どうぞ、よろしくお願いいたします。……当社として、責任を持った対応をするため、わたくしも同席させていただきたく存じます。よろしいでしょうか」
「ああ、わかったよ。好きにしてくれよ」
「それでは……」
 岩倉は由加里のとなりのソファに移動した。
 由加里は岩倉に、慎重かつ手短にオリモトの主張を伝えた。
「そんなわけで、オリモト様は、故障したパソコンの補償をお求めでいらっしゃいます。また、集団訴訟の発起もご検討されていらっしゃいます」
 実のところ、『本当にあるかもわからない、パソコンの代金をせびろうとしています』と言いたかった。とはいえ、オリモトの手前、そんなことは言えなかった。
 岩倉はうなずいてから、オリモトへ言った。
「オリモト様。それでは、パソコンはまだ利用できない状態、ということですね」
「だからそう言ってるだろ!」
「申し訳ございません。お怒りもごもっともです。また、さぞご不安だったことと、心情お察しいたします。……パソコンが使えず、ご不便を強いられていらっしゃる訳ですね」
「まあな。そうだよ。たまったもんじゃねえよ」
「承知いたしました。それでしたら、パソコンの復旧に協力させていただきたく思います。ご迷惑でなければ、弊社より、セットアップのサポートを行える業者を手配させていただきます」
「え、ああ……」
「ご希望でしたら、データのサルベージも手配いたします。業務用の、成功率の高いサービスを手配いたしますので、試す価値はあろうかと存じます。いかがでしょうか? もちろん、弊社にて費用負担いたします」
「ごちゃごちゃうるせえな! そういうのは、こっちで勝手に考えるから、ほっとけよ」
「左様でございますか。失礼いたしました」
「細かいことはいいからさ。集団訴訟が嫌なら、パソコン代を補償しろって言ってんの」
「訴えをされるかどうかは、お客様のお考え次第です。お客様の信頼を損なう事故を起こした以上、慎んで、責任をとらせていただきます。――もちろん、まずはオリモト様のパソコンの件について、誠意を持って当たらせていただく所存です」
「そ、そうか……」
「よろしければ、そのパソコンとソフトについて、どういった仕様のものか、お聞かせ願いますでしょうか」
 岩倉はそんな様子で対応を続けた。
 やがて冷静さを取り戻したオリモトは、うんざりしたように言った。
「わかった。わかったって! あとで調べて伝えるよ。あとはその、修理の手伝いとかも、考えとくから」
「ありがとうございます」
 オリモトは毒気が抜けたように、ソファに背をもたれた。
 やがてぼそりと、「また、連絡するよ」そうつぶやいて、立ち上がった。
 由加里も急いで立ち上がり、ドアに向かった。

 岩倉はオリモトをエレベーターへと案内した。
 由加里はそのあとを追った。
 エレベーターに乗り込むとき、オリモトは岩倉へ、静かな口調で言った。
「いままで、いろんなクレー厶つけてきたけど。アンタみたいな、親身な人、いなかったよ。なんか、馬鹿らしくなってきた。……そんな感じです」
 岩倉は答えた。
「恐れ入ります」
 エレベーターの扉が閉まるまで、由加里と岩倉は頭を下げた。
 オリモトがその後、どんな態度をとるかはわからなかったが、まずは乗り切ったと言えた。
 岩倉が信じられないことを言ったのは、このあとのことだ。

 オリモトが去ったあと、由加里は岩倉を見た。
 いつもの気難しそうな横顔があった。
 由加里はふと、これまでの岩倉の言動を思い返した。
 そうだ。
 岩倉ははじめから、顧客の心配ばかりをしていた。
 事故が起きてから、誰もが自社の損失ばかりを懸念していた。――そんな中で、被害を受けた顧客の心配をしていたのは、岩倉だけだった。
 それに比べて自分は、傲慢でなかったと言えるだろうか。
「あの、岩倉さん」
 と、由加里は話しかけた。
「……はい、なんでしょう」
 岩倉は不機嫌そうだった。
 そんな岩倉に、学ぶことが多かった。
 由加里の胸に悔しさが込み上げた。
 喉の奥が熱くなり、涙が目に溜まった。
 岩倉はあわてていた。
「あの、藤野さん。すみません。なにか」
「いえ。なんでもないんです。ただ」
 由加里はハンカチを取り出し、目元を拭いた。
 岩倉は言った。
「きっと、疲れてるんですね」
 そのとき、DNプランニングの社員が横を通り抜けて、エレベーターのボタンを押した。
 営業に出かけるらしき男性社員は、やってきたエレベーターに乗っていった。
「私ね、昔、家が商売をやってまして。千葉の方で」
 と言う岩倉に、由加里は呼吸を整えて、なんとか答えた。
「そ、そうなんですか」
「スーパーを経営してたんですよ。実家が」
「なるほど……」
「ええ。でもね、食中毒を出してから、お客さん、離れまして。夏場のことでした……。弁当売り場で、手違いがあったんです」
「食中毒ですか」
「はい。大切なのは、やってしまったことよりも、そのあとの誠意ある対応です。それができず、うちは潰れましたが」
 由加里はその言葉を噛み締めた。
 岩倉はしばし、喋りすぎたことを恥じるように押し黙った。
 それから、思い出したように言った。
「……それはそうとですね、あの、矢口さんは、会社にこられてるんですか?」
「はあ、矢口、ですか」
 由加里は、矢口にまつわる騒動を聞きかじってはいた。
 矢口がアタックを行った犯人ではないかという噂もあった。
 そこまではいささか極端であるものの、勤務態度には不審な点が目立った。
 それに、プレゼントのことも思い出される。
 誕生日に矢口からペンダントをプレゼントされて、翌日に返した、あの一件。
 由加里はそのできごとを思い出して、申し訳なくも、不気味な気持ちになった。
 しかし、なぜ岩倉は矢口の話をはじめたのだろうか。わからなかった。
 岩倉は眉間にしわを寄せ、なにかを考え込んでいた。口元に手を当て、渋い表情をした。
 由加里は言った。
「大丈夫ですか」
「は、はい。気になさらず。さあ、オフィスに戻りましょうか」
「わかりました……」
 由加里はエレベーターホールを背に、歩きはじめた。
 そのとき、「あの、待ってください」と、岩倉が近づいてきた。
 岩倉は息を飲んでから、覚悟を決めたように言った。
「矢口さんが辞めたら、御社は、潰れますよ。矢口さんは……」

関連




Amazon.co.jpアソシエイト