読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

648 blog

kyamanekoです。IT、思想、哲学、心理学などの記事を書いています。

個人情報漏洩させたらこうなった - vol. 42

実録! 個人情報漏洩させたらこうなった

イベント運営会社『DNプランニング』が運営する、チケット販売サイト『オールチケットオンライン(OCO)』は、約14万人の会員を抱えていた。
ある日、OCOはサイバーアタックを受け、約9万人の個人情報を流出させてしまった。
システム保守を行う『GRシステム』は、責任を問われ、対応に奔走することになった。
もし損害賠償請求をされたら、たちまち倒産するかも知れない。
苦情とサイバーアタックの嵐の中で、関係者たちは……

※本作はフィクションです

 

関連

vol. 42

 緊迫した空気に包まれたオフィスで、佐川と矢口は対峙した。
 技術チームはもちろん、営業、制作の者たちも、その成り行きに注目した。
 佐川のとなりに立つ、安原は言った。
「会社のリスクを考えてくださいよ……。佐川さん。こいつ、なにかやってますよ。絶対」
 たしかに矢口は怪しかった。
 会社のためにも、矢口をなんとかしなければならなかった。
 矢口は黙ったまま立っていた。同僚たちを見下しきったような、暗く皮肉な目つきをしていた。
「矢口くん。教えて欲しいんだけど……。まず、はじめの事故があったとき、アタックがカナダからあったことを知っていたね。うちのエンジニアが、廊下で立ち話をしてたのを聞いたってことだけど」
 佐川はそう言って、エンジニアの面々を見回した。
 誰もが首をひねり、手を振った。『そんなこと知りませんよ』とでも言いたげだった。
「白状するわけないでしょ。怒られるんだから」
 と、矢口は言った。
「そうか……。あとは、勤務態度のことだけどさ。あの夜、事故があったとき、出社してくれなかったよね。あれがどうも、非協力的だったと思うんだけど」
 矢口は半笑いになった。
「どこのブラック企業ですか。どうせ、残業代出ないじゃないですか」
「あのさ、一応、案件の担当なんだからさ。……それはそうと、昨日のことで言えば、安原くんと揉めたあと、勝手に早退したよね。そのあと、どこにいたの?」
「なんですかそれ。アリバイですか?」
「いや、そうじゃないけど……」
「適当に昼飯食って、家にいましたけど。それがなにか?」
 佐川には他にも聞いたいことがあった。
 先日、通勤時に黒い車の助手席から降りてきたこと。
 由加里との恋愛トラブルのこと。
 しかし、それらは口に出すのがはばかられた。
 佐川は心を決めた。
 矢口との人間関係や、矢口の心情を重視するよりも、会社の利益を優先すべきだと。
 リスクの可能性を排除すべきだと。


 大島は東京合同銀行の応接室にいた。
 内装や調度品は星山銀行のものよりも年季が入っていた。
 重厚な木製のローテーブルにはところどころ薄茶色の地肌が見え、そこに再塗装がされていた。
 薄っすらと日焼けしたクリーム色の壁には、海岸の描かれた絵画がかかっていた。
 かつての担当者である八房は、向かいのソファに座っていた。
 初老の八房には、濃いグレーのジャケットと小豆色のベストがよく似合っていた。かすかな体臭と、爽やかなポマードのにおいがした。
「ご活躍の噂は、耳に入ってましたよ」
 と、八房は言った。
「私も会社も、まだまだです」
「いまではすっかり、経営者の顔になられましたね。いや、こう言っては失礼か」
「とんでもない……。いまでもヒヨッコですよ。しかし、八房さんも、お元気そうでなによりです」
「ありがとうございます。いろいろ、まあ故障はありますが、一病息災で、やってますよ」
 そのとき、ノックの音がした。
 女性職員がお茶を持ってきた。
 そのあと、大島は咳払いをして、切り出した。
「あのですね、八房さん」
 大島は窮状を明かした。
 個人情報漏洩事故について。
 1億円に近い賠償金が発生しうること。
 星山銀行に切られそうなこと。
 八房は深く頷いて、こう言った。
「また、こうしてご対面できて、嬉しく思いますよ。古巣に帰ってきて下さったわけです。しかしですね、今回のお話は、なかなか……」
 そうして、八房は黙り込んだ。
 大島も、それ以上語ることがなかった。

関連




Amazon.co.jpアソシエイト