読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

648 blog

kyamanekoです。IT、思想、哲学、心理学などの記事を書いています。

個人情報漏洩させたらこうなった - vol. 29

実録! 個人情報漏洩させたらこうなった

イベント運営会社『DNプランニング』が運営する、チケット販売サイト『オールチケットオンライン(OCO)』は、約14万人の会員を抱えていた。
ある日、OCOはサイバーアタックを受け、約9万人の個人情報を流出させてしまった。
システム保守を行う『GRシステム』は、責任を問われ、対応に奔走することになった。
もし損害賠償請求をされたら、たちまち倒産するかも知れない。
苦情とサイバーアタックの嵐の中で、関係者たちは……

※本作はフィクションです

 

関連

vol. 29

 佐川はクレーム対応に向かう由加里たちを見送ると、席に戻った。
 エンジニアの集まる一画には安原と加藤、その他3人のエンジニアがいた。
 矢口は機嫌を損ねたのか、体調不良という理由で帰宅していた。まともな態度ではないが、佐川にそれを追求する気力はなかった。
 それから佐川はメールの検索をはじめた。
 これまでの発注と納品の履歴を整理するよう、由加里に頼まれていたのだ。
 ここ数年はグループウェアを使っているが、以前はメールだった。
 OCOプロジェクトに関係がありそうなメールを見つけては、デスクトップに作ったディレクトリに保存していった。
 それにしても、苦労の多い案件だ。
 佐川はふと、当時のことを思い出した。


「なんとか、この金額でお願いできませんか?」
 と、大島は切実そうに言った。
 DNプランニングの会議室でのことだ。
 GRシステムからは大島、佐川、由加里が。先方からは浦谷と岩倉が同席していた。矢口は入社もしていなかった。佐川は入社2年目、由加里は3年目だった。
 7年前の春に、チケット販売サイト新規開発の見積もり依頼を受けたGRシステムは、経営が苦しかったこともあり、喜んで見積もりに応じた。
 そこで大島が出したのは、およそ520万円の見積もり書だった。
「なるほど、やはり、500を超えるんですね」
 と、浦谷は渋い顔をした。
 大島は言った。
「前回、600万円でお出ししましたが、さらに工夫して、なんとかがんばりました……。いかがでしょう?」
 工夫、とは言うものの、結局は利益を削っただけに過ぎない。
 たいして意味のない機能を外し、それを理由に値下げした。――根拠もなく値下げすると、『じゃあ元の価格はなんだったんだ』ということになってしまう。だからこういう、欺瞞的な方法が取られるのだ。
 システムの見積もり価格などは結局、顧客が出せる金額で決まる。

 ちなみにフルスクラッチでの開発ならば、1,500万円を超える規模だった。しかし今回はGRシステムが販売している、ショッピングサイト向けセミオーダーパッケージのカスタマイズという提案になっていた。
 また、プロジェクトメンバーは当初、由加里と佐川のみだった。小さくはじめて大きく育てるのが、Webのスタートアップビジネスにおけるセオリーではある。
 それにしても、OCOの開発については500万円以上とらないと赤字になりそうだった。
 浦谷は言った。
「昨今、うちもなかなか苦しくてですね。チケット販売やイベント企画については、競合も多くて……。そこで、今回の構想を考えたんですよ。これからは、ネットを使った新しい販売方法が必要になる、と考えまして」
「なるほど」
「そこで、御社……大島さんのご助力が必要なのです」
「そうですか……。ありがとうございます。それで、結局、幾らの予算がおありなんでしょうか?」
 平身低頭に見えていた浦谷は、一瞬、値踏みするような鋭い目つきをした。
「350万円くらいが、せいぜいです……。そうでなければ、別の開発会社さんに当たらなければならないですね。いや、本当に、御社の技術があればこそ、なんですけどね」
 大島はうつむいた。
「うーむ。なるほど……」
 GRシステムの懐事情を知る佐川は、大島の気持ちが透けて見えた。
 赤字だろうとなんだろうと、受注しなければならないタイミングというものがある。
 ちょうど決算もあり、なんとか実入りが欲しい時期だった。
 浦谷は言った。
「来期、芸能関係で大口の仕事があってですね……。そこで余裕ができそうなんですよ。そうしましたら、第2段階の開発で、潤って頂きますよ。本当です」
 そこで、佐川が口を挟んだ。
「あの、すみません。費用は別にしても、納期が厳し過ぎます……。実質、4か月でこれを完成させるというのは……」
 すると、それまで黙っていた岩倉が言った。
「来年1月に間に合わせたいんです。関連したキャンペーンがあるんですよ」
「そうはおっしゃいましても……。プログラムの質が担保できませんよ」
 浦谷は言った。
「多少の問題は目をつむりますよ。追って直して頂ければ」
 佐川からすると、たまったものではなかった。はじめからじっくり時間をかけて、質を上げていきたかった。
 大島は難しい顔をして、考え込んでいた。
 ――その日の打ち合わせはいったん終わったものの、結局は、開発費用400万円で受注することになった。
 納期も予算も厳しい中、深夜残業の連続でなんとか仕上げた。
 第2次開発の予算は、さらに厳しかった。
 契約時は温厚だった浦谷と岩倉は一変して、開発進行中も納品後も、実に厳しい要求を上げてきた。
 それもこれも、たんにGRシステムが甘かっただけなのだ。佐川はそう思うことにした。
 同時に、大島と由加里を恨みもしたが、会社の事情がわかるだけに、なにも言えなかった。


 そんな思い出に浸っていた佐川は、安原の声に驚かされた。
「負荷が上がってるじゃねーかよ……。またアタック? どうなってんだよ、クソ。しつけーな」
 どうやら、攻撃が再びきているようだった。
 佐川もアクセス状況のチェックに協力した。
 そのとき、加藤のうなり声が聞こえてきた。
 普段は無口な加藤が、焦ったように独り言を言いながら、キーボードを猛烈な勢いで打っていた。
 すると、加藤はがばりと振り返ってきた。
「や、やばいですよ! やられたかも知れない! なんで、クレジットカード情報がサーバに残ってるんですか? 暗号化もされてないし。うう、終わった……」
 安原は言った。
「なに? なにそれ? ええ? カード情報なんて保存してねえだろ」
「入ってるんですよ。リクエストパラメータがデータベースに保存されてるんです! たぶん、ログかなんかの追跡のために」
「マジか……。チクショー。プログラムをチェックしたのに……。信じらんねえ」
 安原はそう嘆いた。
 営業部のスタッフが心配そうに見てきた。

関連




Amazon.co.jpアソシエイト