読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

648 blog

kyamanekoです。IT、思想、哲学、心理学などの記事を書いています。

個人情報漏洩させたらこうなった - vol. 28

実録! 個人情報漏洩させたらこうなった

イベント運営会社『DNプランニング』が運営する、チケット販売サイト『オールチケットオンライン(OCO)』は、約14万人の会員を抱えていた。
ある日、OCOはサイバーアタックを受け、約9万人の個人情報を流出させてしまった。
システム保守を行う『GRシステム』は、責任を問われ、対応に奔走することになった。
もし損害賠償請求をされたら、たちまち倒産するかも知れない。
苦情とサイバーアタックの嵐の中で、関係者たちは……

※本作はフィクションです

 

関連

vol. 28

 10時前。
 由加里はDNプランニングのオフィスに着いた。
 緑川と小笠原も一緒だ。
 3人は岩倉の席までいって、あいさつをした。
 岩倉は言った。
「さて今日も、お願いしますよ。まだまだかかってくると思いますから」
 由加里は答えた。
「承知しました。よろしくお願いします」
「とにかくなんとかお願いします。僕は僕でもう、対応が山積みなんですから。まったく。溜まったもんじゃないですよ」
 由加里は頭を下げた。
「申し訳ございません……」

 それから由加里たちは、クレーム受付用の席に向かった。
「やりましょか、先輩!」
 と、緑川はいつもの調子で拳を突き出した。
 小笠原は腰を押さえて言った。
「さすがに連日は、腰にきますね。サロンパスの予備を、一応持ってきましたが……」
「なんや、おじいちゃんみたいですねぇ」
 と、緑川が冷やかした。
「はい、まあ、おじいちゃんみたいなもんですよ」
 そんなふうにおどけながら、2人は席に座った。――それくらいでないと、精神がもたないということもあった。
 由加里は彼らの後ろに座り、はじめはサポート役になった。
 社内のチャットから、ときおりメッセージが入った。

《加藤》J案件にて、またアタックあり。対応します
《佐川》了解

 そんな中、緑川と小笠原は電話対応をはじめた。
 2日目になって多少は落ち着いてきたものの、電話は続けてかかっていた。

 

 11時40分を過ぎたころ、由加里の携帯電話が震えた。
 画面には『オリモト』と表示された。
 昨日から対応していた顧客だ。
「お電話ありがとうございます。わたくし、オールチケットオンラインの、藤野……」
「もしもし、オリモトです」
 記憶にある通りの、低い声だった。
「オリモト様、昨日はどうも、お電話ありがとうございました。並びに、このたびはご迷惑をおかけして、申し訳ございません」
「うん。で、パソコンだけど、ダメなんだわ」
「ダメ、とおっしゃいますと」
「再インストールできねえんだよ! 壊れちゃったの!」
「そ、それは残念なことでした……」
「残念なことでした、じゃないから。どうするのこれ。そもそも、おたくが事故を起こしたから、こうなってるんだけど。わかってる? パソコンね、80万円もしたんだけど」
 オリモトの苦情は続いた。
 由加里は動悸をこらえながら、対応を続けた。
 それでもオリモトの怒りはおさまらないようだった。
「全額補償してくれないなら、訴えるからな! 集団訴訟。参加したことあるんだよ、俺そういうの」
「申し訳ございません」
「謝んなくていいから、誠意見せろよ。……とにかく、やることやらしてもらうからな」
 そう言って、オリモトは電話を切った。
 由加里は深いため息をついた。
 緑川が振り返ってきて言った。
「大丈夫ですか?」
 由加里はなんと答えていいかわからなかった。少なくとも、大丈夫ではなかった。
 個別の裁判や賠償金が発生したら、どんどん泥沼にはまっていく。


 そんなとき、緑川の使っているノートパソコンに、チャットのメッセージが流れた。
 由加里はそのメッセージを、見間違いかと思った。いや、思いたかった。
「緑川さん、ちょっとそれ……」
 画面を指差す由加里につられて、緑川は振り返った。
 緑川は小さな悲鳴を上げた。
「え、こ、これ。どないなってるんですか!」

《佐川》社員へ至急共有します;。J案件にてアタックによりカード
《佐川》カード情報が新たに窃取された可能性あり。引き続けき調査c中

関連




Amazon.co.jpアソシエイト