読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

648 blog

kyamanekoです。IT、思想、哲学、心理学などの記事を書いています。

個人情報漏洩させたらこうなった - vol. 27

実録! 個人情報漏洩させたらこうなった

イベント運営会社『DNプランニング』が運営する、チケット販売サイト『オールチケットオンライン(OCO)』は、約14万人の会員を抱えていた。
ある日、OCOはサイバーアタックを受け、約9万人の個人情報を流出させてしまった。
システム保守を行う『GRシステム』は、責任を問われ、対応に奔走することになった。
もし損害賠償請求をされたら、たちまち倒産するかも知れない。
苦情とサイバーアタックの嵐の中で、関係者たちは……

※本作はフィクションです

 

関連

vol. 27

 仁科は事故対応チームの一員として、ミーティングに参加した。
 ミーティングと言っても、営業部の一画に集合するだけの短いものだ。
 参加者は仁科の他に、佐川、安原、加藤。由加里、緑川、小笠原、斎藤。さらに大島もいた。
 由加里は言った。
「営業陣は、またシフトを組んで、客先で電話対応します。技術陣は、引き続きプログラム対応をお願いします」
 佐川は、「わかりました」と応じた。
「それから、クレームのメール対応は、制作チームや総務などにも手分けをお願いしています」
 メール対応から逃れられるためか、斎藤は嬉しそうだった。
 仁科についても、現場に行けるのが嬉しかった。裏方でうじうじと現場の心配をするより、いっそ矢面に立った方が気が楽だった。
 最後に大島が言った。
「一番大変だった初日は、なんとかしのいだな。……俺の方では引き続き、経営レベルの問題を対処していく。みんなはそれぞれ、自分の問題に集中してくれ」
「わかりました」
 と、由加里は言った。
 他の社員も返事をした。
 社員たちの間に、にわかな余裕が垣間見えた。
 そのはずなのに、仁科は違和感を覚えた。
 妙に社員たちの姿が遠くに見えたのだ。
 由加里も、大島も、佐川も、まるで霞の向こうにいるようだった。

 ミーティングが終わったあと、クレーム対応のメンバーが会社を出ようとしていた。
 はじめのチームは、由加里と緑川と小笠原だ。
 そこから、人員を入れ替わりながら1日をしのぐわけだ。
 仁科は別件の客先訪問を済ませたら駆けつける予定だった。
 みな、自分の仕事をこなしながらの参戦になった。
「藤野さん」
 と、仁科はオフィスを出ていく由加里に言った。
「気をつけてください」
 由加里は意外そうだった。
「え? ありがと。継続のクレームとかもあるけど、落ち着いてきそうだから」
 こうして由加里たちは出て行った。

 仁科の知る限り、まだまだ多くの問題が残っていた。
 まず大きな問題が、賠償の件だ。DNプランニングが金券配布を決めれば、多額の賠償をしなければならない。
 大島は支払いの目処がついていないだろうし、浦谷社長を納得させる代替案もなさそうだ。
 プログラムの修正も完全ではないようだし、クレームについても慎重さを要することに変わりはない。
 仁科は自分の頬を叩き、大丈夫だ、とつぶやいた。

関連




Amazon.co.jpアソシエイト