読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

648 blog

kyamanekoです。IT、思想、哲学、心理学などの記事を書いています。

個人情報漏洩させたらこうなった - vol. 25

実録! 個人情報漏洩させたらこうなった

イベント運営会社『DNプランニング』が運営する、チケット販売サイト『オールチケットオンライン(OCO)』は、約14万人の会員を抱えていた。
ある日、OCOはサイバーアタックを受け、約9万人の個人情報を流出させてしまった。
システム保守を行う『GRシステム』は、責任を問われ、対応に奔走することになった。
もし損害賠償請求をされたら、たちまち倒産するかも知れない。
苦情とサイバーアタックの嵐の中で、関係者たちは……

※本作はフィクションです

 

関連

vol. 25

 佐川は地下鉄を降りて地上に出た。
 アパートまでは歩いて10分程度だ。
 閑散とした住宅地ながら、途中に1軒のラーメン屋があった。
 佐川は地元客で賑わうその店に入って、味噌ラーメンと餃子を頼んだ。ビールは止めておいた。
 カウンターが10席強。テーブルが2つの店内には、色々な人間がいた。
 テーブルには作業着の工員らしき4人組。
 カウンターには、これから街中へ繰り出すらしき派手めの男女。外回りらしき営業マンの2人組。茶髪のとび職らしき若者。
 佐川は彼らを、『実体のある人間たち』だと思った。
 その一方で、ソフトウェア開発の仕事にはどうにも、リアリティがないと感じた。
 産業として、または労働として、社会の役に立っている、という実感が持てない気がした。
 佐川は頭上のテレビを観ながら麺とスープを胃に流し込み、店を出た。
 アパートの部屋に戻り、風呂に入って深い眠りについた。夢は見なかった。

 

 由加里は仁科と緑川を連れて、『フル・ムーン』というバーにきていた。
 3人はカウンターの隅に座った。
 由加里はテキーラ・サンライズと水を頼んだ。思考停止しているときは、いつもこれだ。
 仁科はジン・トニック。緑川はメニューから適当に選んだスプモーニを注文した。
 緑川はすぐに赤くなった。
 由加里はナッツをかじりながら、微酔を味わった。
 化粧や見た目はもう諦めていたが、とにかく頭が痒かった。
 仁科は店のマスターと、客商売の難しさについて語っていた。やがて仁科はウイスキーを飲みはじめた。
 夜9時半くらいなって、帰ることになった。
 店を出るとき、緑川は眠ってしまっていた。
「緑川は、家の方向一緒なんで、自分が連れていきますよ」
 仁科はそう言ったが、それは止めてもらった。間違いはよくあるものだ。
 緑川のことは由加里が引き取ることにして、タクシーを拾った。
 実のところ、誰かと一緒にいたかった。

 

 大島はリビングで1人、缶ビールを開けた。アテは晩飯の麻婆豆腐だ。
 妻と娘は眠っていた。
 いや、娘の結菜は近頃、遅くまで起きている。どうせ部屋で友人とLINEをしたり、マンガでも読んでいるのだろう。
 ビールを飲んでも酔えなかった。
 電源の入っていないテレビが目に入った。
 黒い画面に自分が映り込んでいた。
 大島はふと考えた。
(なんで俺は、会社なんてはじめたんだっけ)
 たしか、万人に認められる経営者になりたかったはずだ。それが夢だったか。
 夢のためにはじめたはずなのに、やがて金に縛られるようになった。
 会社を維持し社員を食わせるために。家族を食わせるために、金が必要だ。
 その事実が苛立たしかった。
 大島はビールを飲み干し、立ち上がった。シャワーを浴びて寝ることにした。

関連




Amazon.co.jpアソシエイト