読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

648 blog

kyamanekoです。IT、思想、哲学、心理学などの記事を書いています。

個人情報漏洩させたらこうなった - vol. 10

実録! 個人情報漏洩させたらこうなった

イベント運営会社『DNプランニング』が運営する、チケット販売サイト『オールチケットオンライン(OCO)』は、約14万人の会員を抱えていた。
ある日、OCOはサイバーアタックを受け、約9万人の個人情報を流出させてしまった。
システム保守を行う『GRシステム』は、責任を問われ、対応に奔走することになった。
もし損害賠償請求をされたら、たちまち倒産するかも知れない。
苦情とサイバーアタックの嵐の中で、関係者たちは……

※本作はフィクションです

 

関連

vol. 10

「このたびは、大変申し訳ございませんでした!」
 由加里はそう言って、佐川とともに頭を下げた。
 視線の先に黒いパンプスが見え、その下にはベージュのカーペットが広がっていた。
 第一声をどうしようか、いろいろ考えた末、結局こうなったのだ。
 謝る以外にどうすればよかったのだろうか。
 由加里は顔を上げた。
 10人近い関係者が会議室のテーブルを囲んで座っていた。
 おまけに彼らは静まり返っていた。
 奥には大きな窓があり、結露の水滴が浮かんでいた。
「社員一堂、事故の対処と、二次被害の防止に努めさせて頂きます。まことに、申し訳ありませんでした!」
 由加里はもう一度頭を下げた。
 しばらくしてから顔を上げたが、先ほどと光景は変わっていなかった。
 左手には、OCO案件担当者の岩倉が座っていた。小太りの黒ずんだ顔にメガネをかけていた。
 岩倉の向こう側に、DNプランニングの社長である浦谷(うらや)が座っていた。骨ばった顔にあご髭と口髭、白髪混じりの髪を後ろに流していた。
 あとは見たことのない顔がずらり。
 由加里は続けた。
「なお、弊社代表の大島は、所用のため臨席できませんでした。まことに申し訳ありません」
 岩倉は言った。
「なぜ? こんな重大な事故を起こした、一番の責任者がこないって、どうなんですか?」
「申し訳ありません」
「誠意があるとは思えませんね。それに、漏洩が判明してから、我々に報告があるまで、3時間近くかかっている。それも、いかがなものかと」
「申し訳ありません」
「いいです。とりあえず、座ってください」
 そう言って、岩倉は自身の正面の席を手で示した。
 由加里と佐川は席についた。
 社長の浦谷は黙っていた。それだけに底しれない不気味さがあった。
「まずは、現状についてご報告します」
 由加里はカバンから報告書を取り出し、配布した。
 佐川はノートパソコンを立ち上げた。
 由加里は報告書の内容に沿って説明した。

 2月12日の19時台に漏洩が発覚したこと。
 被害件数が9万件を超えること。
 漏洩内容は、住所、氏名、電話番号、メールアドレス、性別、生年月日が含まれること。
 アタック元のブロックをしたこと。
 該当プログラムの閉鎖をし、修正中であること。
 他にセキュリティホールがないか、チェックしていること。
 事実関係のサイト告知と、クレーム対応の準備を進めていること。

 由加里は説明し終えたあと、裁判員の判決を待つ心地で面々を見回した。
 岩倉は苛立ったように口元に手を当て、もの言いたげにしていた。
 誰も喋らない。
 静けさが由加里の身を絞り上げてくるようだった。
 役員らしき男がボールペンを走らせると、音がコツコツと響いた。由加里はその音に首をすくめた。
 佐川も青い顔で固まっていた。
 人が多いせいか空気が薄すぎた。
 由加里は思わず胸に手を当てた。
 そのとき、ついに岩倉が言った。
「まずは告知ですね。おたくで、告知用のテキストとページを用意してください」
「すでに進めております」
「4時に公開します。遅れれば遅れるほど、サイト利用者に迷惑がかかります。だって、電話番号やメアドが盗まれたわけでしょう? 早く注意喚起しないとダメでしょうが。おたくらはのんびりしてますけどね。――とにかく、いま、1時前ですから、あと3時間です。間に合わせてください。4時に」
 岩倉は意見を伺うように浦谷を見た。浦谷は腕を組んだまま、こくりとうなずいた。
 4時の告知が承認されたということだろう。
 由加里は言った。
「承知いたしました。必要な準備を進めさせて頂きます」
 隣の佐川は、チャットを使って、社内に共有事項などを逐一流していた。
 すでに、『午前4時にサイト上で情報開示』と言う文字が流れており、『了解です』という仁科の返事もあるようだった。

「ちょっと、よろしいですか」
 という、浦谷の低い声が響いたとき、キーボードをタイプしていた佐川の指がぴたりと止まった。
 由加里は驚いて顔を上げた。
 浦谷は言った。
「このたびは、夜分、ご来社頂き、ご苦労さまでした」
「い、いえ! 当然のことです」
「大島さんにお聞きした方がよさそうですが……」
「は、はい。なんでしょうか?」
「払えるんでしょうね」
「あの……」
「おわかり頂いていると思いますが、補償について、しっかり準備お願いしますよ」
 由加里はうろたえつつ、なんとか答えた。
「わたくしの立場では即答致しかねますが、大島と相談の上……」
「あと、サイト停止はしません。ユーザーがOCOに、1日いくら落としていくかご存知ですね。賽銭箱のフタを閉じるようなマネは避けて下さい。絶対に。――私からは、それだけです」
 そう言って、浦谷は席を立った。

関連




Amazon.co.jpアソシエイト