読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

648 blog

kyamanekoです。IT、思想、哲学、心理学などの記事を書いています。

個人情報漏洩させたらこうなった - vol. 06

実録! 個人情報漏洩させたらこうなった

イベント運営会社『DNプランニング』が運営する、チケット販売サイト『オールチケットオンライン(OCO)』は、約14万人の会員を抱えていた。
ある日、OCOはサイバーアタックを受け、約9万人の個人情報を流出させてしまった。
システム保守を行う『GRシステム』は、責任を問われ、対応に奔走することになった。
もし損害賠償請求をされたら、たちまち倒産するかも知れない。
苦情とサイバーアタックの嵐の中で、関係者たちは……

※本作はフィクションです

 

関連

vol. 06

 由加里は会社から支給されている携帯電話を手にとった。
 テーブルには手帳が置かれており、そこには、顧客への説明事項がまとめられていた。それがいわば台本だ。
 仁科の心配そうな視線が刺さってくる。
 構わず由加里は、携帯電話のアドレス帳から岩倉の名前を探した。
 岩倉哲哉――それが、DNプランニングの社員であり、OCO運営責任者の名前だ。
 手の平から汗が湧いてくる。
 胸が苦しい。
 めまいがする。
(この瞬間、天変地異が起きて、全部消し飛んだらいいのに)
 そんな途方もないことを考えながら、携帯電話の発信ボタンを押す。
 断続的な接続音は、呼び出し音に変わった。
 2コール、3コール。
 由加里は深呼吸して、手元の台本を見る。
 言わなければ。
 報告しなければ。
 自分の責任なのだから。
 罵倒されようが怒鳴られようが。
 10コールしたが出なかった。
 終話ボタンを押した。
「ダメね。出ません」
 思わず由加里は安堵のため息をついた。
 そのタイミングを見計らったかのように、携帯電話が震えた。
 岩倉からだ。
 覚悟を決めて、由加里は出た。
「お世話になります、GRシステムの藤野です」
「どうもこんばんは、岩倉です。どうされました? こんな時間に……」
 いつもの、刺々しい岩倉の声だ。
 由加里は声を絞り出した。
「夜分、恐れ入ります。緊急事態のため、率直に申し上げます」
「はい、どうぞ」
「ありがとうございます。ま、まことに遺憾ながら、御社より保守を任せて頂いているOCOにおいて、個人情報漏洩事故が発生しました」
「なんですって?」
「今夜のことです。海外よりサイバーアタックがあり、およそ9万件の個人情報が流出したのです。申し訳ありません」
 岩倉はなにも言わない。
 由加里は上擦る声を押さえつけて続けた。
「カード情報は流出していないようです。メールアドレス、住所氏名、電話番号などが盗まれました。それらが、およそ9万件です」
「なるほど。……確認ですが、カード情報は出ていないんですね?」
「はい。弊社のシステムでは保存自体を行っておりません」
「これ以上の被害の拡大はないのですか?」
「はい。いま分かっている問題のプログラムは閉鎖し、アタック元のアクセス制限をかけました。他に同様の箇所がないかは、調査しております」
 仁科は祈るように両手を額に当てている。
 斎藤は凍ったようにテーブルに視線を落としている。
「わかりました。……関係者と相談しますので、お待ちください。あと、報告書を早急に」
 そう言って、岩倉は電話を切った。
 怖いほどドライな対応だった。
 由加里は携帯電話をテーブルに置いた。汗で濡れていた。嫌な体臭が自分から出ている気がした。
 仁科は言った。
「はじまりましたね……」
 由加里はうなずいた。
「ええ」
 それにしても由加里には判然としなかった。
 自分たちが被害者なのか、加害者なのか、わからなかったのだ。
 加害者であると同時に、被害者であるのか。
 いや、そんなことはどうでもいい。
 由加里は頭を振って、雑念を払った。
「それじゃ、仁科くんは契約書類の整理と、苦情受付の準備を」
「はい」
「斎藤さんは、仁科くんを助けてあげてください……。お願いします」
 斉藤は黙っていた。
 そうこうしていると、再び携帯電話が震えた。
 岩倉からだ。
「は、はい、藤野です」
「ああ、藤野さん? いいですか。いま、22時をまわったとこですが、このあと、24時に弊社へお越しください。来て頂くのは、御社の代表の大島さん。あなた。その他必要なスタッフで。いいですね? 24時。待ってます」

関連




Amazon.co.jpアソシエイト